テレワークの労務管理にも!顔認証カメラ

顔認証カメラのメリットについて

日本国内では様々なメーカーが1990年代から顔認証システムの開発に取り組んできました。人間の体におけるパーツの中で、本人を特定する生体認証システムには様々なものがあります。例えば顔の他にも指紋や声紋、網膜の毛細血管パターンなどで個人を識別することが可能です。顔認証システムは他の生体認証システムとは異なるメリットが存在します。指紋や網膜などで個人を識別するためには特別な装置が必要です。一方で顔による認証は市販のカメラでもできます。特別な装置が不要なだけでなく、読み取りの際に手を入れるなどの動作も不要です。また顔は目視でも違いが分かりやすく、認証履歴を保存すれば不正確認も簡単に行うことができます。テレワークの労務管理にも最適です。

顔認証カメラの仕組みについて

顔認証カメラは撮影された画像内の人間の顔を識別することができるシステムです。たんに顔の形を識別するだけでなく性別や年齢、表情なども読み取ることができます。またデータベースと照合すれば容易に個人を識別することが可能となります。もともとは生体認証技術の一つとして開発されたシステムです。デジタルカメラの画像エンジンに組み込まれて活用されるようになり、監視カメラやスマートフォンのカメラなどにも搭載されています。顔認証システムは顔の輪郭や目、鼻や口の位置を利用して個人を識別しています。具体的な仕組みはメーカーによって違いがありますが基本的な技術は同じです。データベースと画像内の人の顔と思われる物体を照合して個人を特定します。