登録済の社員だけログイン可能!指紋認証アダプター

パソコンを紛失した時の安全性

営業社員など外出が多い社員は社外に持ち運びができるパソコンを利用します。パソコン内には社内の機密情報や顧客情報などが入っているときもあるので、盗難や紛失には十分注意しないといけません。しかし世の中にはパソコンの紛失トラブルが多くあり、社内情報流出トラブルの原因にもなっているようです。そこで法人向けパソコンとして指紋認証アダプターを搭載したタイプを検討してみましょう。パソコンを初めて使うときにそのパソコンの利用者の指紋を登録しておきます。するとそれ以降はこの人しかログインなどができない状態です。仮に紛失をして部外者などにパソコンが渡ったとしても、ログインができなければデータの悪用などはできないでしょう。

パスワードを覚える負担が減る

パソコンに関するセキュリティの問題で意外に多いのが社内でのトラブルです。社内においてある人が常用しているパソコンに、別の社員が勝手にログインして情報を勝手に盗んだりするケースがあるようです。それを防ぐにはログインパスワードの徹底管理が必要になるでしょう。簡単に想像できないよう設定して定期的に変更するなどが必要になります。社員の中にはパスワード管理を負担に感じる人もいるので、法人向けパソコンとして指紋認証アダプター付きを導入してみましょう。指紋をかざすだけでログインができ、パスワードを作る必要も覚える必要もありません。もちろん他人が指紋をかざしたとしてもそのパソコンにはログインできないので、強固なセキュリティ対策になります。